「2014 International CES」

ソニーは1月7日より米・ラスベガスで開催中の「2014 International CES」において、4Kムービーの撮影に対応したハンディカム「FDR-AX100」を発表した。現行機「FDR-AX1」に比べて約1/4となる小型サイズを実現している。現地発表では3月発売予定とされており、価格は約1,999.99ドルと見込まれる。
画像の説明
FDR-AX100

1型で有効約1,420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」、画像処理エンジン「BIONZ X」により、3,840×2,160ピクセルの4Kムービーを撮影可能。最大広角29mmの「ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ」を搭載し、光学12倍ズームに対応する。

撮影した4Kムービーを高い画質を保ちながらフルHD解像度にダウンコンバートする「4Kサンプリング フルハイビジョン再生」機能や、同じく4Kムービーから自分で範囲を選択した2Kムービーを切り出して視聴する「トリミング再生」機能を用意する。通信機能として、Wi-FiとNFCを標準で搭載する。
画像の説明

コメント


認証コード7604

コメントは管理者の承認後に表示されます。